グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護局長あいさつ

看護局長あいさつ


岡崎市民病院 看護局長 杉浦順子です。
当院では、新卒看護師のみなさんが、安心して第一歩を踏み出せるように、手厚い研修プログラムを用意しています。
4月は、2日間のオリエンテーション終了後、臨床現場に出る前に、基礎看護技術のおさらいのため、1ヶ月間シミュレーション研修を行います。シミュレーション研修は、e-ラーニングの「ナーシングスキル」を活用し、事前学習を行った後、指導者から講義を受けます。その後、グループに分かれてシミュレーションを行い、振り返りとまとめをおこないます。
5月からは、いよいよ患者さんのもとでの看護がはじまります。5月・6月・7月の3ヶ月間は内科系病棟、外科系病棟、集中治療センター・ER・手術室などの特殊部門でローテーション研修を行います。5月から7月までのローテーション研修の期間も、毎週1日、技術トレーニングを行います。技術トレーニングは、同期と集まって行うため、ローテーション研修で感じたことや、患者さんと関わって嬉しかったこと、戸惑ったこと、悲しかったことなど話す機会にもなっています。
当院では、新卒の看護師のみなさんが、スムーズに職場に適応できるように、心の健康チェックや、相談・支援体制も整えています。 安心して就職先として選んでください。
私たちは患者さんを大切に、心の通った看護を提供したいと思っています。 患者さんに寄り添える温かい看護ができる仲間を募集中です。 当院への就職を希望される方には修学資金の貸与も準備しております。ぜひ岡崎市民病院へおこし下さい。お待ちしております!

看護局長 杉浦順子