グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  新生児集中ケア認定看護師

新生児集中ケア認定看護師


新生児集中ケア認定看護師 竹内久美子さん

常に「子どもにとって最善の利益は何か?」を考えた看護

どのような仕事を行っていますか?

周産期センター(NICU)に所属し、新生児の生理学的安定を図るケア、成長・発達を促すためのケアを行っています。新生児が少しでも早く家族として迎え入れられるよう、ファミリーセンタードケアの概念である「尊敬と尊厳」「情報の共有」「参加」「協働」を大切にし、新生児と家族に関わっています。

認定看護師を目指したきっかけは何でしたか?

以前は開業医(産婦人科)のもとで働いていたのですが、「疾患を抱えている新生児をどのように助けるんだろう?」「不安を抱いてるお母さんのケアはどうやって行うんだろう?」など、いろいろ疑問に思うことがあり、NICUに就職を希望しました。NICUで多くの新生児や家族と接する中で、新生児看護を極めたいと思うようになり、認定看護師を目指しました。

周産期センター(NICU)の強みを教えてください

医師と看護師がスムーズに連携できる環境が整っていますね。小さな命を守るために常に「子どもにとって最善の利益は何か?」を考えることができ、お互いの立場を尊重しながらチーム医療を行うことができます。NICUで看護に携わることは、命の重さや尊さを実感できるだけでなく、ご家族との交流を通して自らの成長も実感できる職場です。