グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  がん性疼痛看護認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師


がん性疼痛看護認定看護師 桑原千晴さん

苦痛や不安の深部に入り込み、疼痛の早期軽減へと導く

仕事内容について教えてください

消化器内科病棟で働きながら、緩和ケアチームの一員として活動しています。多職種と連携しながら、定期的に緩和ケアを必要とする患者さんを訪問したり、緩和ケア外来の担当医師と一緒に相談対応を行うのが主な仕事です。また、スタッフに向けての学習会も随時開催しています。

認定看護師を目指したきっかけは何だったのですか?

もともと精神看護に興味があり、その中でも緩和ケアに関わる分野に強く惹かれていました。「この分野を追求すれば、患者さんとご家族の苦痛をさらに早期に緩和できるはず」と考えるようになったのが、認定看護師を目指したきっかけです。

どのようなときに仕事のやりがいを感じますか?

がんになったことで患者さんやご家族は多くの辛い体験をします。まずはそんな苦痛や不安を深部まで受け止め、見極めた上で、少しでも和らげることができる支援をしていくことが重要です。苦痛を和らげることによって患者さんやご家族に笑顔が見られたときは「この仕事をやっていて本当に良かったな」と感じますね。