グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  がん化学療法認定看護師

がん化学療法認定看護師


がん化学療法認定看護師 渡邉和代さん

生きていく大切な時間に貢献し、感謝できる喜び

現在行っている業務について教えてください

外来治療センターに勤務し、がん化学療法を受ける患者さんが安全・安楽に治療できるよう取り組んでいます。治療開始前のオリエンテーションでは不安の軽減を図り、治療中は薬の安全な取り扱いと投与管理、副作用に関するヒアリングを行うなど、セルフケア支援に力を注いでいきます。

認定看護師を目指したきっかけは何ですか?

血液疾患の病棟に勤務していたとき「今のままでは100%の貢献ができない。もっと専門的な知識が必要だ」と強く感じ、認定看護師を目指しました。抗がん剤をはじめとするがん化学療法は次々と新しい知識・技術が登場するので、日々、情報収集や学習に努めています。

仕事のやりがいや喜びはどのようなときに感じますか?

短い時間の中で患者さんやご家族の思いを汲み取り、支援していくことは難しいことですが、一緒に副作用症状へのケアなどを考え、症状が改善したときは「認定看護師になって本当に良かった」と心から実感します。また、患者さんが生きていく大切な時間の一時期でも関わらせていたただけることに感謝しています。