グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  摂食嚥下障害看護認定看護師

摂食嚥下障害看護認定看護師


摂食嚥下障害看護認定看護師 西嶋久美子さん

生涯を通じて「一口でも食べられる幸せ」を維持していく

現在行っている業務について教えてください

摂食嚥下障害のある患者さんの嚥下内視鏡検査前後に多職種カンファレンスを行い、食事形態や食事摂取時の姿勢調整などを決定していく仕事です。また、ご家族に検査の内容や嚥下の仕組みを説明し、検査結果をご理解いただけるような援助も行います。その他、病棟看護師への指導、退院される患者さんへの安全な食事環境維持の指導も重要な業務です。

摂食嚥下障害看護認定看護師としての使命について教えてください

「食べる」ということは単に必要な栄養を摂取するためだけでなく、生きがいや楽しみ、団欒にもつながっていきます。摂食嚥下障害の患者さんでも、安全で笑顔になれる食事が維持され、亡くなる瞬間まで「一口でも食べられる幸せ」を感じてもらえるよう支援していくことが私たちの使命だと考えています。

今後の目標について教えてください

健康な高齢者の方でも知らないうちに嚥下機能が低下し、食事量が減少したり体重が減少したりすることが多々あります。ですので、地域の高齢者に向けた日常生活の過ごし方の提案、健康維持・増進に対する支援を行っていきたいですね。また、栄養サポートチーム(NST)での活動も含めた多職種との協働を一層強め、摂食嚥下障害や栄養低下の患者さんを支援する最善のチーム医療体制の構築も目指すところです。