グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  先輩看護師:PNSについて

先輩看護師:PNSについて


消化器病棟勤務 柳沢亜也子さん

PNSでお互いを高め合いながら、質の良い看護の追究へ

パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)とはどのようなものですか?

2人の看護師が対等な立場で、お互いの特性を活かした良きパートナーとなり、相互に補完・協力し合う看護方式のことです。パートナーとなった2人は毎日の看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟内の係の仕事に至るまで、その成果と責任を共有していきます。

PNSを導入して良かったことを教えてください

より安全で質の高い看護を提供できるようになったことですね。患者さんをお待たせすることが少なくなりましたし、頻繁に意見交換することで最善の看護を考えながら業務をすることができています。スタッフ同士のコミュニケーションが増えたことも利点です。個人的には「すみません」ではなく「ありがとう」の言葉が飛び交う職場に変化した印象です。

未来の後輩に向けてひとことお願いします

PNSの効果は実習に来られた学生さんにも好評で、「新人看護師が楽しそうに仕事をしている」「職場の雰囲気がとても明るい」といった声が多く聞かれました。看護を続けることは、一生勉強し続けることであり、一生自分を成長させていくことでもあります。あなたもお互いを高め合う良きパートナーとして私たちと一緒に働いてみませんか?