グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  先輩看護師:手術看護

先輩看護師:手術看護


手術室勤務 杉浦智枝さん

子育て・家事との両立をしながら、手術の現場で活躍

手術室看護師とはどのような仕事をするのでしょうか?

「手術」という非日常的な体験。そこにはいつも、不安いっぱいの気持ちを抱える患者さんの姿があります。私たち手術室看護師は、そんな患者さんにとって拠り所となる存在で、なかなか自分の口から言い出せない痛みや不安、要望の代弁者としての役割も担っています。

病棟勤務の看護師との違いを教えてください

違いと言うか、病棟看護とは全く異なる特殊な現場です。私も7年間病棟勤務を経験しましたが、手術室に移ってからはまた1からのスタート。全ての科の知識が必要になるため、最初の2年くらいは勉強がとても大変でした。ただ、看護師としてのスキルアップを図るには最適な環境だと思いますね。知識だけでなく、毎回やるべき看護ケアも無数にあるので。

手術室看護師の魅力について教えてください

何より魅力なのは、手術室は平日勤務が主体というところ。土日休みが多く、夜勤も少ないため、比較的規則正しい生活を送ることができます。おかげで仕事をしながらでも、子育て・家事との両立が無理なくできますし、仕事とプライベートのON・OFFもはっきりしているので、ワークライフバランスが充実していますね。