グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  看護師紹介 >  先輩看護師:子育てとの両立

先輩看護師:子育てとの両立


小児病棟勤務 神戸理紗さん

万全のサポート体制で“ママさん看護師”も安心

どのような仕事をし、どのようなときにやりがいを感じますか?

小児病棟に勤務し、新生児から思春期くらいまでの子どもたちの看護をしています。小児看護の難しさは、年齢や発達段階に合わせた関わりが必要とされること。そこを真摯にこなしていくことで、子どもたちが病気を乗り越え、元気になって退院されるときに、援助ができたことへのやりがいと喜びを感じることができます。

ママさん看護師として仕事と育児の両立について教えてください

育児休業をとった後、仕事に復帰するタイミングでは「仕事と育児の両立なんて本当に可能なのだろうか?」と不安に思っていました。しかし、病棟看護長をはじめ、スタッフみんなの理解と協力がひしひしと伝わってきて、とてもスムーズに看護師を続けることができています。夜勤の前後など子どもの面倒を見るのが大変なときもありますが、毎日とても充実していますね。また、同じ境遇で働くママさん看護師が多いのも励みになっています!

病院の育児サポート体制はどうですか?

院内託児所があるのでとても助かっています。子どもが託児所で楽しく過ごしている間、私も安心して夜勤まで行うことができています。また、子どもの体調が悪くなると、退勤時間まで小児科が面倒を見てくれるシステムがあるのでありがたいですね。