グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  新人ナースの1日

新人ナースの1日


整形外科病棟勤務 柴田裕未 さん

どのような仕事をされていますか?

平成27年4月に就職し、8月から整形外科・耳鼻科・皮膚科の病棟に配属されました。覚えることがたくさんあって大変ですが、やさしくて頼りになる先輩方ばかりなので、安心して知識や技術を習得できています。職場の雰囲気もとても良いので「この病院を選んで良かったな」と感じています。

新人看護師として気を付けていることはありますか?

少しでもわからないことや疑問に思ったことはすぐに先輩に聞いたり、ナーシング・スキル(eラーニング)を使って調べるなどして「曖昧な部分をそのままにしない」ことを心掛けています。また、担当する患者さんの病態を解剖生理から理解し、退院後の生活を見据えた看護ができるよう意識しています。

やりがいに感じること、うれしかった出来事などはありますか?

日に日に行える処置や援助が増えてきたので、看護師としての責任感が芽生え、心から「看護の喜び」を実感することができます。うれしかったことは、自分の行う看護の提案に同意していただき、患者さんから感謝のお言葉をいただけたときです。

未来の後輩たちへメッセージをお願いします

まずは看護師国家試験で学んだ基本知識をしっかりと身に付けておくこと。その上で、患者さん一人ひとりに寄り添った看護、退院後も見据えた看護を意識することが大切だと思います。